活動報告

2015.06.05

NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク「夜の児童館」を訪問しました。

WAKUWAKU では、「おせっかい」を推奨しています。おせっかいをされた子はおとなになって、おせっかいを返すので、「おせっかえる」です。(パンフレットから引用)

osekkaeru

夕食の時間に1人で過ごす子どもや、難しい状況を抱えてながらも社会との接点が持てずにいる家庭など、子どもを取り巻く環境が難しさを増しています。
子どもの未来を明るく変えていきたいとの願いから、子どもの居場所つくりや、大人や若者との交流の機会を作る活動を通して、地域の子どもを、地域が見守る活動を行っています。
テレビや新聞に活動の様子が紹介されたことで、取材に訪れる方や支援の申し出も多くあり、私たちもNGOの取材に同席してお話を伺いました。
夜の児童館では学習ボランティアの要望、池袋本町のプレーパークで子どもと一緒に遊んでくれる人募集とのこと。
訪問しての一番の収穫は、当財団の支援活動の新たなヒントを得られたこと。現場って大切。

WAKUWAKUネットワーク「夜の児童館」

「実家便™」協賛企業・団体1

賛助会員